歩くと痛い 膝の痛み 

歩くと痛いのはどうして?

 

買い物に行こう!」といって、いざ外に出てみると「歩くのが痛い!!」「この膝の痛みは何?」と感じたことはありませんか?

 

「どうしてだろう、やっぱり歳かなぁ…」なんて思われてる方は多いはずです。

 

「歩くと痛い!」となると、外に出るのがおっくうになりますし、アウトドアな趣味を持っている方は特に辛いですよね。

 

人生の楽しみが膝の痛みのせいで減ってしまいます(^^;)

 

 

というわけで、今回は膝の痛みの原因と対処法をお伝えしたいと思います!

 

もしかしたら、あなたは変形性膝関節症などになっている場合もあるので、よくこの記事を読んでおきましょう!

 

【目次】

  1. 膝の痛みの4つの原因
  2. 5つの対処法

 

膝の痛みの4つの原因

 

 

膝の痛みの原因には、いろいろな種類が存在しています。

 

  • 単なる加齢によって起こっているもの
  • スポーツのしすぎによって痛めてしまってる場合
  • 炎症を起こしてしまっている重度の場合
  • 肥満によっておこっているもの

 

以下で詳しくお伝えします。

 

軟骨がすり減っている

 

年齢とともに、関節と関節の間にある「軟骨」がすり減ってきます。これは、聞いたことのある方が多いでしょう。

 

軟骨というのは、関節との間に存在していて、衝撃を緩和してくれます。

 

いわば、クッション成分と言い換えてもいいでしょう。

 

 

そして、クッション成分というのは、主にヒアルロン酸から構成されています。

 

年齢とともにヒアルロン酸は減る

 

しかし、加齢によってどんどんクッション成分(ヒアルロン酸)は減ってきてしまうのです。

 

関節との間に存在する軟骨が減ってしまっては、膝が痛むのも無理はありませんよね(^^;)

 

この膝の痛みは、ほおっておくとどんどん悪化していき、最後には膝が変形してしまったりします。

 

 

なので、「歩くと痛い!」程度ならばまだ大丈夫なのですが、だんだん歩かなくても膝が痛くなってきます。

 

そうなった場合には、整形外科でお医者さんに診てもらうのも一つの手でしょう。

 

肥満や体重過多によるもの

 

あなたは、けっこう脂肪があったりしませんか?

 

もしも肥満体型であると、体重過多により膝にかなりの負担をかけてしまいます。

 

体重が多ければ多いほど、膝を痛めてしまう原因にもなります。

 

「歩く時に痛い!」となるのは、自分の重さによって起こっている場合があるのです!

 

この場合は、食事制限や運動などをして、とにかく脂肪を減らすことが大事になってきます。

 

ずっと膝に負担をかけたままになれば、どんどん悪化してしまいますからね(^^;)

 

やがて、膝が変形してもおかしくありません。

 

炎症が起こっている?変形性膝関節症?

 

 

すでに関節と関節の間に存在する軟骨がすり減りすぎて、炎症を起こしている場合があります。

 

関節リウマチなどですね(^^;)

 

 

また、過度に膝に負担をかけたことから、変形性膝関節症になっている場合もあります。

 

変形性膝関節症になっている時の膝

 

上記のように、軟骨がすり減りすぎて、膝が変形しているせいで痛みを感じている場合もあります。

 

もしも「歩くと痛い!」だけでなく、朝起きたときや何もしていなくても「膝が痛い…」となるのであれば、要注意です!

 

一度、整形外科などで診療してもらってもいいかもしれません。

 

 

また、変形性膝関節症の場合は、一度すり減った軟骨を元に戻すのは難しいと言われています。

 

なので、あまりにも膝の痛みで悩んでいるのであれば、やはりお医者さんに診てもらう方がいいでしょう。

 

 

そうでなくても、いずれこのような症状にかかってもおかしくないので、日頃からダイエットしたり、筋肉をつけたり、サプリメントを摂るなどして予防をしておきましょう。

 

靭帯を痛めている

 

スポーツなどをしすぎて、靭帯を痛めてしまっている場合があります。

 

こちらは、年齢を問わず、若い人にも見られるものです。

 

こちらに関しては、自分で対処するというのは難しいので、お医者さんに尋ねてみるのがいいでしょう。

 

あまりにも症状がひどければ手術をしてくれますし、他にも医薬品などを出してくれたりします。

 

 

特に「若いのになんで膝が痛いんだろう…」と考えていて、スポーツをやっている方は要注意です。

 

膝の痛みの5つの対処法

 

 

膝の痛みには、いくつか対処法や予防法があります。

 

こちらは、一応膝の痛みで悩む全ての方に言えるものなので、参考にしてみてください。

 

特に「歩くと膝が痛い!」と悩んでいる方には効果的です(^^)

 

適度な運動をする!

 

運動不足が原因で、膝の痛みにつながっている方は多いです。

 

日頃からしっかり体を動かして、膝周りの筋肉をつけておくと、負担が少なくなるので「歩くと痛い!」などはなりにくくなります。

 

1番いい方法は、太ももなどに筋肉をつけることによって、膝の痛みを予防することです。

 

ジムなどに行って、ヨガなどをしてみてもいいでしょう(^^)

 

 

ただ、すでに「歩くと痛い!」となっておる方は無理に歩くのはよくないです。

 

膝に負担をかけすぎて、さらに悪化させてしまいます。

 

なので、その場合はプールで「水中ウォーキング」などをして、浮力を使いながら筋肉をつけていくことが効果的です!

 

 

お住いの近くにジムはあると思うので、試してみてもいいでしょう(^^)

 

ダイエットをする

 

体重の重さによって、歩く時に膝に負担をかけてしまっている場合があります。

 

これに関しては、自分の体重を減らす以外に対処法はないので、ダイエットをすることをオススメします。

 

 

ダイエットは、食事制限や運動などいろいろなものがありますが、運動がオススメです。

 

先ほども言いましたが、膝の痛みは運動不足から来ている場合もありますし、太ももまわりの筋肉がつくと、膝に必要以上に負担がかからなくなります。

 

また、運動をすればダイエット効果もありますし、一石二鳥になります。

 

 

なので、適度な運動を心がけてダイエットをするといいでしょう!

 

歩き方を変える

 

 

変な歩き方をしていると、膝に負担をかけすぎてしまっている場合があります。

 

できれば姿勢良く、あごを引いて歩きましょう。

 

 

また、きちんと腕を振ってリズミカルに歩いてみてもいいでしょう!

 

足を地面に着地させる際には、かかとから入り、最後につま先を地面につけます。

 

 

テレビなどで見たことはあると思いますが、正しい歩き方を日頃から意識しましょう!

 

サポーターを使う

 

「膝が痛い!」と感じる時に、すぐに効果を発揮するのがサポーターをつけることです。

 

膝周りにサポーターをつければ「歩くと痛い!」などの悩みが軽減されます。

 

オススメのサポーターとしては、整骨院の医師が作っているウォーキングサポーターというものになります。

 

医師が開発していて、特許も取得済みなので安心して利用できます

 

日常生活がとても楽になりますよ!

 

 

サプリメントで効率的に治す!

 

 

グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸など、膝の軟骨に効果的な成分を含むサプリメントを聞いたことはあるでしょう!

 

それらのサプリメントで、膝の痛みなどの緩和を目指します。

 

 

ちなみに当サイトでは、北国の恵みというサプリメントを紹介しています。

 

数あるサプリメントの中で、なぜ北国の恵みがオススメと言えるのかというと、以下のような点があります。

 

  • 口から体内に入れても効果を発揮すると言われている「プロテオグリカン」という成分が入っている
  • プロテオグリカンには、膝軟骨の再生を促進する効果や関節痛の緩和効果がある
  • 北国の恵みで膝の痛みを緩和させたり抑制できる可能性がかなり高い
  • 実際に、北国の恵み利用者の90%以上が効果を実感できているという実績がある
  • 金額的にも、初回は480円でお試しすることができ、ハードルが低い

 

上記のようなメリットが、北国の恵みには存在しています。

 

 

軟骨を再生できれば、若いころと同じようにスムーズに歩けるようになります!

 

そうなると、気持ちよく外に出れるので、毎日爽やかに過ごせますよね(^^)

 

テレビ通販などもしているので、すでに知っている方はいらっしゃるかもしれませんが、北国の恵みは現在たったの480円でお試しできるキャンペーンをやっています

 

興味がある方は、一度試してみてもいいでしょう♪